アダルトチルドレンの克服に重要な心構え

アダルトチルドレンの克服方法

アダルトチルドレン(AC)を克服するのに重要な心構えを箇条書きします。

アダルトチルドレン克服に重要な心構え

  • 依頼心を捨てる
  • 自分を救うのは自分だという事実を確認する
  • 本質的な意味では他人は自分を助けてなんてくれない、だから自分一人で生き抜くという強い自覚
  • できないことでも無理にでもやる(やっているうちに得られるものが必ずある)
  • 親が悪い社会が悪いなど人や他人のせいにするを止める(時間の無駄のため)
  • 自分を病人視、特殊扱いするのは止める(自分を特殊扱いしているとやれることもできなくなる)
  • 自分にこだわるのではなく、むしろ困っている人を助ける(私憤を義憤に昇華させる)
  • アダルトチルドレンの症状は脳の機能によって生み出された現象に過ぎないという事実を理解する。(性格なんてものは脳の機能に生成された現象に過ぎない。)

    だからこそ↓↓↓↓

  • 運動の習慣を毎日つける
  • 瞑想の習慣をつける
  • 正しい食生活の習慣をつける
  • サプリメントの摂取
  • 生活習慣の抜本的改善(忙しい考えている暇のない生活)

箇条書きの概要説明

まとめれば、自分の人生は自分が主人公であると認識することが大切です。親が悪いといってみても何も始まりませんし、凄惨な体験をしているにも関わらず、前向きに生きている人などは、世界に目を馳せれば、実はかなりの割合で存在しています。

依頼心を捨てるというのは、何でも自己責任で行うことをいいます。
依頼心が強いと、他人や社会に対する怒りが沸き上がります。
しかし、依頼心が限りなく少なければ、恨みや憎しみなど湧きようがなくなり、より自由に生きることができるようになります。

人間は脳の機能の奴隷である

実は、このような心理状態は脳の機能によって強制的に生み出されます。

だから、意識的に、このようなネガティブな思考方法を止めようとしても根性論精神論でどうにかなる問題ではないです。

よって、直接脳の機能に介入する方法のみが唯一正しい克服法になりえるわけです。

脳の機能→性格、心理、思考(〇)
性格、心理、思考→脳の機能(×)

ということになります。

だからお酒を飲んで酔っ払えば、気が大きくなり、アダルトチルドレンなんてどこ吹く風になる人が少なくないわけです。あるいは、交通事故で脳を損傷し性格が一変してしまう人もいます。

このような事例から、脳の機能がアダルトチルドレンを産みだしているという至極明快な事実を腹の底から理解することがアダルトチルドレン克服の第一歩です。

そのための基本はこちらの記事を参照ください。↓

アダルトチルドレンを克服する方法(まとめ)

アダルトチルドレン克服ABC (←ブログ記事一覧へ戻る)