アダルトチルドレンの恋愛の特徴と対策【Ver2.0】

アダルトチルドレン

(この記事の概要:)

アダルトチルドレンの人では恋愛で問題を抱えやすいです。いったん、恋愛にのめりこむと、それがすべてだといえるほどのめりこんでしまうという感じです。
今回は、アダルトチルドレンの人の恋愛の特徴とその対策について述べていきます。

アダルトチルドレンの恋愛の特徴:

アダルトチルドレンの人が恋愛で問題を抱えやすいのはそれに依存してしまうからです。いわゆる恋愛依存症という状態に陥ります。

恋愛依存症とは?

  • 相手のことを四六時中振り回す言動や行動
  • 感情の起伏が激しく相手の印象が180度変わりやすい(゠対象恒常性の欠如)
  • 性関係にのめりこみやすく、異性間のトラブルを抱えやすい
  • 恋愛至上主義で恋愛がうまくいかないと死にたくなる

最近ではいい年した”大人にも増えている”

アダルトチルドレンは近年、増加傾向にあり、10代後半から20代前半までの恋愛に悩み苦しむ年代だけでなく、30代、40代といった昔で言えば、人格的に成熟されていない年代にまで増えているといわれています。

傍から見れば、痛い大人だと見られているはずです。

30過ぎたおばさんが恋愛がどうだとかと、10代の娘のようなことをいっていると、分別のある男性は徐々徐々に距離を取って離れていくはずです。

要するに、ひかれるわけです。

何でもアダルトチルドレンのせいにしない方がいい

アダルトチルドレンが原因で恋愛がうまくいかないということもありますが、それ以外の要素も当然あるわけです。たとえば、あなたではなく相手が人格的にかなり問題のある人間であれば、当然、恋愛もうまくいかないでしょう。つまり、アダルトチルドレン当事者側に問題があるのではなく、そのパートナーに問題があるという話です。

自覚があればいいのですが、えてしてアダルトチルドレンの人は、すべてを自分の責任であると思い込んでしまいがちです。

これを共依存関係といいます。

共依存とは?

共依存とはわかりやすくいうと、人格的に偏りがある人間が相互に依存しあう関係のことをいいます。たとえば、虫も殺さない大人しい人が、オオカミのような反社会的な人物に取り込まれているという構図です。

自責的な人間が他責傾向の強い人間と共依存関係になりやすいのです。

まとめ

アダルトチルドレンの人の恋愛について書いてきました。アダルトチルドレンの恋愛にはこういった背景が裏に隠れています。ですので、一度立ち止まって、自分の状態、パートナーとの関係の問題点について、振り返ってみてください。

もしかしたら、自分に非はないない可能性も多大にあります。

しかし、自分に問題がやはりあると感じられた場合は、こちらの記事を参照ください。

アダルトチルドレンカテゴリーへ (☚記事一覧へ戻る)