インディゴチルドレンという胡散臭い怪しい嘘

アダルトチルドレン
(この記事の概要:)
アダルトチルドレン関連用語にインディゴチルドレンというものがあります。これはインナーチャイルドと同じく、非常に胡散臭い概念であり、結局、嘘です。そもそも、このインディゴチルドレンとはいったい何なのでしょうか?

インディゴチルドレンとは?

インディゴチルドレンとはスピリチュアルに高い親和性を持つ子供のことを主に指し、霊感が強かったり、第六感が発達していたり、共感覚を備えていたりする子供のことで、1970年代の米国で主にスピリチュアルセラピストの間において提唱された概念です。

このような子供は、繊細で感じやすい性格をしているため、特殊能力を備えていながら、同時に人生に生きづらさを覚えるということで、アダルトチルドレンになりやすいと当時の専門家の幾人かは主張していました。

アダルトチルドレンの克服にインディゴチルドレン論は不要な理由:

アダルトチルドレンになったのは、あなたがインディゴチルドレンであるからだという論法があります。しかし、インデッゴチルドレンという概念はそもそも医学的に定義すれば、ギフテッドのことでしょう。

ギフテッドとは、何か特定の分野において天賦の才を発揮する子供のことです。

そのため、インディゴチルドレンというよりもギフテッドと形容した方が妥当だと思います。

アダルトチルドレンとギフテッドの関連性:

アダルトチルドレンに限らず心の異常の多くにギフテッドはなりやすいと言われています。ギフテッドは常人では把握できないような物事を瞬時に見抜く能力に長けていたり、また、それ故に、繊細で傷つきやすかったりします。

傷つきやすいからこそ、ギフテッドがアダルトチルドレンに多いといわれる所以なのです。

商業利用されるインディゴチルドレンという概念:

インディゴチルドレンという概念は商業利用され、その後に、高額セミナーや高額カウンセリングに誘導されるという流れが一般であるとされています。

私はここにインナーチャイルド論と同じ匂いがすると皆様に注意を喚起します。

こうした論法は必ず「前世がどうだこうだ」とか、「潜在意識の浄化が必要だ」「魂を癒さないといけない」「守護霊への祈りが必要だ」といった色々わけのわからない精神世界あるあるの話が横行し、しまいには高額セミナーやカウンセリングに誘導されるというのが一般的なオチです。

この種のスピリチュアルカウンセラーの危険性について:

インディゴチルドレンにはそもそも科学的な根拠は何もありません。インナーチャイルド然りです。ですので、そういうカルトまがいの主張はすべて無視した方が確実にアダルトチルドレン克服に効果的です。

インディゴチルドレン論には「子供は親を選んで生まれてきた。」というものがあり、あるいは、「毒親を許し愛しなさい!」と無理強いしてくるというものもあります。

これはハワイで有名なカルト「オポノポノ」に通じるものがあるのです。

オポノポノとは?

「オポノポノ」とは自分に起きるすべての出来事はすべて必然性があり、カルマがそうさせているので、どんな物事にも感謝をすることでカルマの浄化を強要してくるカルトです。

要するに、たとえば卑近な例を挙げますが、あなたが道端で無差別殺傷の被害にいきなりあっても、それはあなたのカルマが原因だから「犯人を恨むのではなく、あなたのカルマを感謝によって浄化しなさい!」というトンデモ論を強要してくるかなりヤバイ団体なのです。

まとめ:

インディゴチルドレンはギフテッドという用語のパクリで、存在価値皆無の嘘だといえます。ただインディゴチルドレンは商業利用されているだけです。ギフテッドに限ってはそういうことはほとんどありません。

インディゴチルドレンだとかインナーチャイルドだとか提唱しているスピリチュアルカウンセラーには近づかないのが身のためでしょう。

そもそも、アダルトチルドレンの克服にインディゴチルドレンは一切関係ありませんし、ギフテッドも関係ありません。
また、ギフテッドでは、先天的な脳の発達の偏りが存在することが多いのですが、その脳の発達の偏りは自分で治すことができるのです。

単純に、脳の機能がアダルトチルドレンの症状を産んでいるわけですから、そこをピンポイントで修正する方法をとっていけばインディゴチルドレンうんぬん言う前にアダルトチルドレンは無事、克服できるのです。

アダルトチルドレンの克服方法(まとめ) (←おススメ記事)

アダルトチルドレンカテゴリーへ (☜記事一覧へ戻る)