私のアダルトチルドレンからの奇跡的な回復について:

アダルトチルドレン

(この記事の概要:)

アダルトチルドレンが奇跡的に回復することはあります。今回は私のアダルトチルドレンからの奇跡的な回復の過程について簡単に述べていきます。

アダルトチルドレンを自覚した年頃:

まず、私がアダルトチルドレンを自覚したのは中学生のときでした。

人前に出るのが苦手で、根拠のない自信のなさが常にあり、自分が何者なのかわからないという自己同一性の問題を抱えていました。

今考えると、一種のノイローゼになっていたのだと思います。

転機の訪れ:

そんな私に転機が来たのは高校をやめたことでした。高校をやめてボクシングジムに通い、毎日、厳しい鍛錬の日々を送っていました。

そうこうしているうちに、いつのまにかアダルトチルドレンの症状がなくなり、根拠のない自信のなさは根拠のない自信へと変貌を遂げることになったのです。

アダルトチルドレンからの奇跡的な回復:

これは奇跡的な回復であったといえると思います。

ボクシングという運動の習慣をつけたことが効いたのだと思います。考えてみれば当時の私は運動不足でした。

今現在の脳科学では運動が不足することで精神が不安定になるということが既に報告されています。

アダルトチルドレンを自称している人は運動をするとよい:

アダルトチルドレンであると自任している人は運動をするとよいでしょう。運動には脳の認知に関わる領域を鍛え、感情コントロール力を高める効果があります。

あまり、声高に運動がアダルトチルドレンの克服に効くという話は聞きませんが、盲点といえるほどの効果が実際にあります。

アダルトチルドレンで今、苦しんでいる人へ:

アダルトチルドレンで今、苦しんでいる人はまずは運動から始められてはいかがでしょうか?

目から鱗の効果があるはずです。

まとめ

以上、私のアダルトチルドレンからの奇跡的な回復の過程に関する記事でした。アダルトチルドレンの心理カウンセリングだとかセラピーだとか長年受けてきて何も効果を感じなかった過去の私の状態を客観的に見れば、「奇跡」といっても差し支えないかと感じています。

このように、アダルトチルドレンは克服可能です。

アダルトチルドレンカテゴリーはこちら (☚記事一覧へ戻る)