精神年齢の高い大人は親のせいに決してしない

アダルトチルドレン

何かあるとすぐに親が悪かったという人がいます。確かに正論だと思います。
ただし、精神年齢の高い大人は親のせいに決してしません。20歳を超えたいい大人が親のせいでこうなったなどといっていれば、社会では失笑されてしまいます。

親のせいにする人の特徴:

  • 精神的に幼い
  • 客観的に物事を見ることができない
  • 自分の殻に閉じこもっている
  • 自分の感情がコントロールできない

20歳を過ぎて親がどうだこうだ言っている人は、成熟した社会人が客観的に見た場合かなりヤバイです。

機能不全家族で親が毒親で自分の人生がめちゃくちゃになったというのは確かに正論です。
ただ、精神的に成熟した大人でもこの種の悲惨な経験をしている方はおられます。
私の先輩で父親がアル中かつDV魔で、それによって母親が自殺したという人がいました。

しかしながら、彼は非常に明るい性格で、親がどうだとかこうだとか一切話しませんでした。

あるいは、全世界的な視野でみれば、たとえばシリアで理由なしに戦争に巻き込まれているような人もいるわけです。そういう事実を本当に把握すれば親がどうこういっても何も始まらないので、そういう思考には絶対にならないあはずです。

※ただし、とてつもないことを親からされたという人にはこの話は適用できません。

親のせいにする人は精神年齢が確実に低い

親から何か途轍もなく酷いことをされたとしても、精神年齢が高い人は前向きに生きていることでしょう。大峰山の塩沼両潤大阿闍梨は機能不全家庭出身で父親がDV魔だったそうですが、親への恨みごとはないといいます。

このように、結局、一般社会でも浮世離れした出家の世界でも、親から虐待をうけたりした人はいるわけです。

そして、精神年齢が高い成熟した人間になるにつれて親のせいだとかいう人は減っていくことでしょう。

私も親のせいにするのが、自分が成熟するにつれてなくなっていきました。
(過去の私は親が悪いと散々喚き散らしていました)

親のせいだという人と成熟した社会人はヒトとして付き合いたいと思わない:

親がどうだとか言っている人とは精神の安定した一般社会人は人として付き合いたいと思わないでしょう。おそらく十中八九「痛い」と思われがちです。ただし、極めて度量がある人の場合はそういう人すら、取り込んでしまうほどの明るさがあります。

成熟した社会人は、こういうことをいって許されるのはせいぜい中高生までだと感じているはずです。

しかし、こうしたアダルトチルドレン的な思考をしている人にもきちんとした理由があるのです。
責めるわけには絶対に行きません。

しかし、そういう心理すら脳の機能が生んでいるという現実

親のせいにする心理やメンヘラ思考すらも脳によって強制させられて生じた、その人の思考方法なのです。
「脳がヒトの思考や認知、性格」を自動的に産むわけで、人は脳の機能の奴隷
なのです。

これは何もアダルトチルドレンの人に限った話ではなく、すべての人間に言える話です。

たとえば、ポジティブな脳になっていないネガティブ脳の持ち主がいくらポジティブになろうと気張って思ってみても無理な話なのです。

だから、ポジティブ思考を身に着ければ「明るく前向きになる」という一時、流行したポジティブシンキングは完全な誤りなのです。それから、根性論、精神論も無意味です。

繰り返しますが、脳がネガティブな状態(たとえば、GABA不足、オキシトシン欠乏)の状態になっている人に、いくら前向きになれ、ぐちぐち愚痴をたれるな、と吹き込んだところで無駄だからです。

人間は脳の機能の奴隷なのです。

正直に私の過去を披瀝(ひれき)します。

過去の私も、親が悪いだのあーだこーだ散々言っていました。ドン引きされるくらい悪口雑言を述べていました。実際、正論ではあったのですが、今振り返ると、時間の無駄だったなと反省しています。

しかしながら、脳の機能が正常化されてから、親が悪いだとか、社会が悪いだとか、そういった他責的な思考は自然となくなってしまいました。

だから、「親のせいにするのを意識的に止める」だとか考えたり、罪悪感を持ったりする前に、脳の機能を正常化させることが大切なのです。

一番大切なのは精神年齢の低さや、親が悪いと自然に考えてしまうことも、脳の機能に自動的に導き出された呪縛のようなものだということ。人間は脳の機能の奴隷だという事実を腹の底から理解することです。

脳の機能に介入し自分を変える方法については下記の記事を参照ください。↓

アダルトチルドレンの克服方法【2019】 (←おススメ記事)

アダルトチルドレン克服ABC (←ブログ記事一覧へ戻る)