精神年齢の高い大人は親のせいに決してしない

何かあるとすぐに親が悪かったという人がいます。確かに正論だと思います。ただし、精神年齢の高い大人は親のせいに決してしません。20歳を超えたいい大人が親のせいでこうなったなどといっていれば、社会では失笑ものです。

親のせいにする人の特徴:

  • 精神的に幼い
  • 客観的に物事を見ることができない
  • 自分の殻に閉じこもっている
  • 自分の感情がコントロールできない

20歳を過ぎて親がどうだこうだ言っている人はかなりヤバイです。機能不全家族で親が毒親で自分の人生がめちゃくちゃになったというのは確かに正論です。ただ、精神的に成熟した大人でもこの種の悲惨な経験をしている方はおられます。私の先輩で父親がアル中でDV魔で母親が自殺したという人がいました。

彼は非常に明るい性格で、親がどうだとかこうだとか一切話しませんでした。

あるいは、全世界的な視野でみれば、たとえばシリアで理由なしに戦争に巻き込まれているような人もいるわけです。そういう事実を本当に把握すれば親がどうこういっても何も始まらないので、そういう思考には絶対にならないあはずです。

親のせいにする人は精神年齢が確実に低い

親から何か途轍もなく酷いことをされたとしても、精神年齢が高い人は前向きに生きていることでしょう。大峰山の塩沼両潤大阿闍梨は機能不全家庭出身で父親がDV魔だったそうですが、親への恨みごとはないといいます。このように、結局、一般社会でも浮世離れした出家の世界でも、親から虐待をうけたりした人はいるわけです。

そして、精神年齢が高い成熟した人間になるにつれて親のせいだとかいう人は減っていくことでしょう。

私も親のせいにするのが、自分が成熟するにつれてなくなっていきました。

親のせいだという人とはヒトとして付き合いたくない理由:

親がどうだとか言っている人とは私は人として付き合いたくありません。はっきり言って「痛い」からです。こういうことをいって許されるのはせいぜい中高生まででしょう。

それ以降、そういう話をする人は高確率でメンヘラです。